×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ホームへ 本編1  007-10(1)  本編2  007-10(2)
 png.h  libpng.txt 訳  readme 訳  LISENCE 訳  TODO 訳
libpng1.2.8   readme  訳

<以下の訳を読むにあたって>

     以下の訳は筆者が個人で訳したものです。
下記に間違い、誤訳等があったとしても当方は一切責任を負えません(英語苦手なので)。
正確な情報を求める方は必ず原文をお読みください。


readme
英文

README libpng バージョン 1.2.8 - 2004/12/3 (共有ライブラリ 12.0)
png.h のトップあたりにあるバージョンナンバーに関する記述を見て下さい。

libpng のインストール方法については INSTALL ファイルの説明書きを見て下さい。


README for libpng version 1.2.8 - December 3, 2004 (shared library 12.0)
See the note about version numbers near the top of png.h

See INSTALL for instructions on how to install libpng.


libpng は数種の配布フォーマットがあります。
libpng-*.tar.gz や libpng-*.tar.bz2 の文字終わりならUNIX用、また lpng*.zip の文字終わりなら DOS用です。


Libpng comes in several distribution formats.  Get libpng-*.tar.gz or libpng-*.tar.bz2 if you want UNIX-style line endings in the text files, or lpng*.zip if you want DOS-style line endings.


バージョン 0.89 は libpng の最初の公式リリースでした。実際のところ、最初のリリースは出来が悪く、そうとは認めてもらえませんでした。その libpng ライブラリは 1995年半ばから大規模な使用とテストが行われました。1997年の暮れ頃いつだったか、ついにAPIについての重大な変更が行われたのですが、バー ジョン1.0 より前は一般的に悪い印象でした。そしてバージョン 1.0.0 のリリースは 1998年3月のことでした。


Version 0.89 was the first official release of libpng.  Don't let the fact that it's the first release fool you.  The libpng library has been in extensive use and testing since mid-1995.  By late 1997 it had finally gotten to the stage where there hadn't been significant changes to the API in some time, and people have a bad feeling about libraries with versions < 1.0.  Version 1.0.0 was released in March 1998.


****
png_info 構造体に加えられた一部変更についての注意です。もし共有ライブラリを使ってるのであればpng_info 構造体が提供するこのバージョンのライブラリのバイナリと libpng-0.89 やそれ以前のバージョンは非互換です。png_set_filler() の "filler"引数の型は png_byte から png_uint_32 に変更されており、この関数を使っている共有ライブラリ・アプリケーションに影響あります。


****
Note that some of the changes to the png_info structure render this version of the library binary incompatible with libpng-0.89 or earlier versions if you are using a shared library.  The type of the "filler" parameter for png_set_filler() has changed from png_byte to png_uint_32, which will affect shared-library applications that use this function.


png_info_struct の内部の変更に伴う障害を避けるため、0.95で複数の新APIが利用可能になりました。直接アプリケーションが info_ptr にアクセスするのを避けるためです。新関数は png_set_<chunk> 関数と、 png_get_<chunk> 関数です。info_struct データ のアクセス/記憶を行うとき、直接操作するのではなくてこれらの関数を使って下さい。


To avoid problems with changes to the internals of png_info_struct, new APIs have been made available in 0.95 to avoid direct application  access to info_ptr.  These functions are the png_set_<chunk> and png_get_<chunk> functions.  These functions should be used when accessing/storing the info_struct data, rather than manipulating it directly, to avoid such problems in the future.


直接、情報構造体にアクセスしている現行プログラムは新ライブラリと非互換になることを肝に銘じておいてください。また一方で、新規のプログラムには新し いAPIを 使うことを強く推奨します。 (example.c と pngtest.c を見てください)、古いプログラムは新形式に変換して、将来アップグレードが容易になるようにしておいてください。
****

It is important to note that the APIs do not make current programs that access the info struct directly incompatible with the new library.  However, it is strongly suggested that new programs use the new APIs (as shown in example.c and pngtest.c), and older programs be converted to the new format, to facilitate upgrades in the future.
****

0.90 以降追加されてきたものの中には、Windows DLLのようなものをコンパイルできるようにしたものや、情報構造体内のデータにアクセスするための新APIがあります。
試験的な関数には、行フィルタ選択のコスト要素と重み付けを設定できるものの他、データアクセス補正機能をサポートしているビッグエンディアン・プロセッ サ上 のバッファから数値を直接読み込む関数や、より速いアルファ処理構成を行う関数、より精度の高い16->8ビットカラー変換を行う関数があります。


Additions since 0.90 include the ability to compile libpng as a Windows DLL, and new APIs for accessing data in the info struct.
Experimental functions include the ability to set weighting and cost factors for row filter selection, direct reads of integers from buffers on big-endian processors that support misaligned data access, faster methods of doing alpha composition, and more accurate 16->8 bit color conversion.


0.89 以降追加されてきたものの中には、アプリケーション呼び出しで読み込むシグネチャ・バイトの一部(または全部)が入ってるPNGストリームから読み込む機 能が含まれています。PNG ファイル・シグネチャを含まない組み込みPNG ストリームの読込もまた可能です。その上、現在 CRC チャンク・エラーを検出するライブラリ処理を設定することが出来ます。重要チャンクや補助チャンクで CRC エラーが生じたとしてもそれをベースとして異なる処理を設定することも可能です。


The additions since 0.89 include the ability to read from a PNG stream which has had some (or all) of the signature bytes read by the calling application.  This also allows the reading of embedded PNG streams that do not have the PNG file signature.  As well, it is now possible to set the library action on the detection of chunk CRC errors.  It is possible to set different actions based on whether the CRC error occurred in a critical or an ancillary chunk.


ライブラリへの変更や、バグ修正はPNG実装メーリングリスト上での議論をベースとしており、その論材をGuyや、Andreas、Glennに 個人的に送信しないで下さい。メーリングリストに良い提案が行われる事を心よりお待ちしております。 


The changes made to the library, and bugs fixed are based on  discussions on the PNG-implement mailing list and not on material submitted privately to Guy, Andreas, or Glenn.  They will forward any good suggestions to the list.


libpng を使用する上での詳細な説明はlibpng.txt を読んでください。libpng のプログラム例としては、example.c と pngtest.c を見て下さい。libpng の情報と規約については(少しだけですが) png.h を見て下さい。zlib ( libpng で使う圧ライブラリ)の使用説明については、zlib.h の規約を見て下さい。


For a detailed description on using libpng, read libpng.txt.  For examples of libpng in a program, see example.c and pngtest.c.  For usage information and restrictions (what little they are) on libpng, see png.h.  For a description on using zlib (the compression library used by libpng) and zlib's restrictions, see zlib.h


私は一般的なメークファイル群だけでなく、数種の特異なマシンとコンパイラのものも持っています。ですがもしかしたら、あなたは自分用メークファイルが必 要かもしれません。


I have included a general makefile, as well as several machine and compiler specific ones, but you may have to modify one for your own needs.


実際に実行するには zlib は 1.0.4 か最新版を使ってください。さもなくば、zlib 0.95 くらい古いバージョンでなら動く「かも知れません」。まあそうはいっても、画像の圧縮ストリームの不正出力を行う要因となるような zlibバージョンではバグが存在したままになってしまいますが。それでも MS-DOS の小〜中メモリ・モデルの確保に使う"far"構造体のアドバンテージを得たいなら、間違いなくzlib は 1.0.4 か最新版が必要になります。また、zlib は PNGファイルで使う以上に、便利な圧縮ライブラリであるので覚えておいてください。
やりたければ、fread() と fwrite() の代わりの統合入出力的に zlib を使う事もできます。


You should use zlib 1.0.4 or later to run this, but it MAY work with versions as old as zlib 0.95.  Even so, there are bugs in older zlib versions which can cause the output of invalid compression streams for some images.  You will definitely need zlib 1.0.4 or later if you are taking advantage of the MS-DOS "far" structure allocation for the small and medium memory models.  You should also note that zlib is a compression library that is useful for more things than just PNG files.
You can use zlib as a drop-in replacement for fread() and fwrite() if you are so inclined.


zlib は libpng がある場所と同じとこから入手可能です。
もしくはこちら ftp://ftp.info-zip.org/pub/infozip/zlib

PNG 仕様書のコピーがほしい人がいるかもしれません。ので、それは RFCや、W3C RecommendationISO/IEC Standardと いうところで入手可能です。 
http://www.libpng.org/pub/png/documents/ で見つかります。

zlib should be available at the same place that libpng is, or at. ftp://ftp.info-zip.org/pub/infozip/zlib

You may also want a copy of the PNG specification.  It is available as an RFC, a W3C Recommendation, and an ISO/IEC Standard.  You can find these at http://www.libpng.org/pub/png/documents/

http://www.libpng.org/pub/png/documents/ はリンク切れしてます。
・・・多分コレが本物→http://www.libpng.org/pub/png/pngdocs.html

参考
日本RFC(JPNIC) http://rfc-jp.nic.ad.jp/
ISO/IEC 日本 http://www.jisc.go.jp/international/isoiec.html
PNG news! さんのページ ・・・
・・・PNG 仕様書 (日本語訳) http://tech.millto.net/~pngnews/kndh/PngSpec/pngindex.htm


このコードは現在のところ、libpng.sf.net[DOWNLOAD] 部分、及びCompuServe社上のGO GRAPHSUP のLib 20 (PNG SUPPORT) で保管されています。もしそれらの場所が見つからないならメール下さい。見つかるように手伝いますので。


(2005年7月現在
 CompuServeには無い模様。見つからない。誰かメールした方がいいの??)


This code is currently being archived at libpng.sf.net in the [DOWNLOAD] area, and on CompuServe, Lib 20 (PNG SUPPORT) at GO GRAPHSUP.  If you can't find it in any of those places, e-mail me, and I'll help you find it.

コードの変更、要求、不具合、などありましたらメールください。またプロジェクト・ファイルやいろいろなファイルを作成してくれたこと、各自のコンパイラ /システムに因るいろいろな #define に沿ったコンパイル及びlibpngの取得に必要な種々の変更をしてくれたことに、私は感謝しております。もし libpng に変換を加える必要があったり、また libpng を使って異なる方法で画像を操作したいのなら、ご連絡下さい(可能ならコードも)。変換のサポートを検討いたします。
最後に、libpng をコンパイルすると、いくつか警告メッセージがでます(注:zlib のやつじゃないよ)が、それらの修正は簡単ですし、そのまま修正してもらえれば有難く思います。また、そのへんのテーマについてどこかで"libpng" を論じて頂ければ幸いです。
敬具。

If you have any code changes, requests, problems, etc., please e-mail them to me.  Also, I'd appreciate any make files or project files, and any modifications you needed to make to get libpng to compile, along with a #define variable to tell what compiler/system you are on. If you needed to add transformations to libpng, or wish libpng would provide the image in a different way, drop me a note (and code, if possible), so I can consider supporting the transformation.
Finally, if you get any warning messages when compiling libpng (note: not zlib), and they are easy to fix, I'd appreciate the fix.  Please mention "libpng" somewhere in the subject line. 
Thanks.

このリリースは私自身(無論、Guy と Andreas が作りあげてきた大きなものがあってこそですが)と、PNG グループが作成しましたし、サポートもします。

This release was created and will be supported by myself (of course based in a large way on Guy's and Andreas' earlier work), and the PNG group.

users.sourceforge.net の glennrp
ccrc.wustl.edu でのpng-implement(要購読; メッセージで ccrc.wustl.edumajordomoに "png 実装の記述"で書いて)。

majordomo : UNiX用のメーリングリスト管理 プログラム

glennrp at users.sourceforge.net
png-implement at ccrc.wustl.edu (subscription required; write to majordomo at ccrc.wustl.edu with "subscribe png-implement" in the message).

この文書の以前のバージョンにあるアドレスでは、オリジナル libpng 作者のGuy には届きません。png-implement リストに送られたメールを彼とAndreasは読みます、どうにかしてね。

You can't reach Guy, the original libpng author, at the addresses given in previous versions of this document.  He and Andreas will read mail addressed to the png-implement list, however.

PNG に関する一般的な質問は送らないで下さい。そういうのはそっち(ccrc.wustl.edu のpng リスト、要購読、ccrc.wustl.edumajordomoに "png リストの記述"というメッセージを書いて)に送ってください。
また libpng の質問もそのアドレスに送るんじゃなく、私か、png-implement リストに送ってください。私はどうにかしてそれを読みます。libpng を使う上での PNG 仕様に関する質問があるのならそれは私に送ってください。なお、その質問を送るに際し、書き出し部分は 「私は libpng を使っています。そして〜」 として下さい。迷ったらまず私に聞いてください。そして必要であれば他の人にも聞きます。

Please do not send general questions about PNG.  Send them to the (png-list at ccrc.wustl.edu, subscription required, write to majordomo at ccrc.wustl.edu with "subscribe png-list" in your message).
On the other hand, please do not send libpng questions to that address, send them to me or to the png-implement list.  I'll get them in the end anyway.  If you have a question about something in the PNG specification that is related to using libpng, send it to me.  Send me any questions that start with "I was using libpng, and ...".  If in doubt, send questions to me.  I'll bounce them to others, if necessary.

PNG の変更方法に関するテーマでは送らないで下さい。現在、私たちは9年間にも及び PNG の議論を公式に行ってきましたし、それにそれはもう終わっています。しかしながら、もしまだ libpng に対する議題があるのなら喜んで聞きましょう。たとえ、すぐには使われないテーマでも、将来使うかも知れないから。

Please do not send suggestions on how to change PNG.  We have been discussing PNG for nine years now, and it is official and finished.  If you have suggestions for libpng, however, I'll gladly listen.  Even if your suggestion is not used immediately, it may be used later.

当該配布ファイル:

ANNOUNCE => このバージョンのお知らせ。最近の変更。
CHANGES => 変更履歴。
KNOWNBUG => 既知のバグ、欠陥のリスト。
LICENSE => libpng の使用と再配布のライセンスについて
README => このファイル
TODO => 現行ライブラリに実装されてないこと
Y2KINFO => Y2K 準拠の状態
example.c => 関数を使うためのサンプルコード
libpng.3 => libpng マニュアル (libpng.txt 含む)
libpng.txt => libpng と その関数に関する記述
libpngpf.3 => libpng のプリベート関数のマニュアル
png.5 => PNG フォーマットのマニュアル
png.c => 基本インターフェース関数のライブラリ汎化ファイル
png.h => ライブラリ関数とインターフェースの宣言ヘッダ
pngconf.h => ライブラリのシステム仕様設定
pngasmrd.h => アセンブラ・コード用関数のヘッダファイル
pngerror.c => エラー/警告メッセージ I/O 関数
pngget.c => 構造体から情報を読み出す関数
pngmem.c => メモリ処理関数
pngbar.png => PNG ロゴ, 88x31
pngnow.png => PNG ロゴ, 98x31
pngpread.c => プログレッシブ読込関数
pngread.c => データ読込/高水準補助関数
pngrio.c => 最低水準データ読込 I/O 関数
pngrtran.c => データ読込 変換関数
pngrutil.c => データ読込 ユーティリティ関数
pngset.c => 情報構造体にデータを記憶する関数
pngtest.c => テスト・プログラム
pngtest.png => テスト・サンプル画像
pngtrans.c => 汎用データ変換関数
pngwio.c => 最低水準データ 書込み I/O 関数
pngwrite.c => 高水準データ 書込み I/O 関数
pngwtran.c => データ変換書込み
pngwutil.c => ユーティリティ書込み関数
contrib => 寄稿
gregbook => PNG 読込及び書込み用ソースコード、 Greg Roelof の "PNG: The Definitive Guide(PNG: 最も信頼のおけるガイド)" O'Reilly, 1999 より。
msvctest => MSVC ワークスペースを用いた pngtest の実行とビルド
pngminus => pnm2png と png2pnm のシンプルなプログム
pngsuite => テスト用画像
visupng => VisualPng用MSVC ワークスペースが入ってます
projects => DLL ビルド用ワークスペースとプロジェクトファイルが入ってます。
beos => libpng ビルド用 Beos ワークスペースが入ってます
c5builder => libpng と zlib ビルド用 Borland ワークスペースが入ってます
visualc6 => libpng と zlib ビルド用 Microsoft Visual C++ (MSVC) ワークスペースが入ってます
netware.txt => Netware 用 libpng と zlib ビルドのためのプロジェクトファイルのセットをダウンロードする使用説明書が入ってます。
Netware: Novell社のネットワークOS
wince.txt => WindowsCE 用 libpng と zlib ビルドのための Microsoft Visual C++ (Windows CD Toolkit) ワークスペースをダウンロードする使用説明書が入ってます。
scripts => libpng をビルドするスクリプトが入ってるディレクトリ:
descrip.mms => MMS や MMK 用のVMS メークファイル
makefile.std => Generic UNIX メークファイル (cコンパイラ、スタティック libpng.a を生成)
makefile.elf => Linux/ELF メークファイル・シンボル・バージョニング、 gcc、libpng 1.2.0〜1.2.2, 1.2.8 で生成)
バージョニング:複数ユーザによる異なったバージョンのジオデータベースの同時編集機能
makefile.linux => Linux/ELF メークファイル (gcc, libpng 1.2.0〜1.2.2, 1.2.8 で生成)
makefile.gcmmx => Linux/ELF メークファイル (gcc, libpng 1.2.0〜1.2.2, 1.2.8 で生成、Intel MMX プラットフォーム用にチューンされたアセンブラ・コードを使用)
makefile.gcc => Generic メークファイル (gcc, スタティックlibpng.a を生成)
makefile.knr => ansi2knr (ftp://ftp.cs.wisc.edu/ghost から要求された ansi2knr.c )を伴ったコンバート・ファイルのArchaic UNIX メークファイル
makefile.aix => AIX メークファイル
makefile.cygwin => Cygwin/gcc メークファイル
makefile.darwin => Darwin メークファイル
makefile.dec => DEC Alpha UNIX メークファイル
makefile.freebsd => FreeBSD メークファイル
makefile.hpgcc => gcc を使った HPUX メークファイル
makefile.hpux => HPUX (10.20 と 11.00) メークファイル
makefile.hp64 => HPUX (10.20 と 11.00) メークファイル, 64 bit
makefile.ibmc => Win32 及び OS/2 (static) 用 IBM C/C++ バージョン 3.x
makefile.intel => Intel C/C++ バージョン 4.0 及び最新版
libpng.icc => プロジェクトファイル、IBM VisualAge/C++ 4.0 及び最新版
makefile.netbsd => NetBSD/cc メークファイル、PNGGCCRD、 libpng 〜 を作ります。
makefile.ne12bsd => NetBSD/cc メークファイル、PNGGCCRD、libpng12.x を作ります。
makefile.openbsd => OpenBSD メークファイル
makefile.sgi => Silicon Graphics IRIX (cコンパイラ、スタティック・ライブラリを生成)
makefile.sggcc => Silicon Graphics
(gcc、libpng 1.2.0〜1.2.2, 1.2.8 で生成)
makefile.sunos => Sun メークファイル
makefile.solaris => Solaris 2.X メークファイル
(gcc、libpng 1.2.0〜1.2.2, 1.2.8 で生成)
makefile.so9 => Solaris 9 メークファイル
(gcc、libpng 1.2.0〜1.2.2, 1.2.8 で生成)
makefile.32sunu => Sun Ultra 32-bit メークファイル
makefile.64sunu => Sun Ultra 64-bit メークファイル
makefile.sco => SCO OSr5 ELF と Native cc付Unixware 7 用
makefile.mips => MIPS メークファイル
makefile.acorn => Acorn メークファイル
makefile.amiga => Amiga メークファイル
smakefile.ppc => SAS C V6.58/7.00 PPC コンパイラ用AMIGA smakefile (SCOPTIONS 要求、スクリプト/SCOPTIONS.ppc からのコピー)
makefile.atari => Atari メークファイル
makefile.beos => X86用 BEOS メークファイル
makefile.bor => Borland メークファイル (bcc使用)
makefile.bc32 => 32-bit Borland C++ (全モジュールをCでコンパイル)
makefile.tc3 => Turbo C 3.0 メークファイル
makefile.dj2 => DJGPP 2 メークファイル
makefile.msc => Microsoft C メークファイル
makefile.vcawin32 => Microsoft Visual C++ 5.0 及び最新版用メークファイル (Intel MMX プラットフォーム用にチューンされたアセンブラ・コードを使用)
makefile.vcwin32 => Microsoft Visual C++ 4.0 及び最新版用メークファイル (アセンブラ・コードは使ってません)
makefile.os2 => OS/2 メークファイル (gcc と emx、pngos2.def が必要です)
pngos2.def => makefile.os2 で使う OS/2 モジュール定義ファイル
makefile.watcom => Watcom 10a+ メークファイル, 32-bit フラット・メモリ・モデル
makevms.com => VMS ビルド スクリプト

Files in this distribution:

ANNOUNCE => Announcement of this version, with recent changes
CHANGES => Description of changes between libpng versions
KNOWNBUG => List of known bugs and deficiencies
LICENSE => License to use and redistribute libpng
README => This file
TODO => Things not implemented in the current library
Y2KINFO => Statement of Y2K compliance
example.c => Example code for using libpng functions
libpng.3 => manual page for libpng (includes libpng.txt)
libpng.txt => Description of libpng and its functions
libpngpf.3 => manual page for libpng's private functions
png.5 => manual page for the PNG format
png.c => Basic interface functions common to library
png.h => Library function and interface declarations
pngconf.h => System specific library configuration
pngasmrd.h => Header file for assembler-coded functions
pngerror.c => Error/warning message I/O functions
pngget.c => Functions for retrieving info from struct
pngmem.c => Memory handling functions
pngbar.png => PNG logo, 88x31
pngnow.png => PNG logo, 98x31
pngpread.c => Progressive reading functions
pngread.c => Read data/helper high-level functions
pngrio.c => Lowest-level data read I/O functions
pngrtran.c => Read data transformation functions
pngrutil.c => Read data utility functions
pngset.c => Functions for storing data into the info_struct
pngtest.c => Library test program
pngtest.png => Library test sample image
pngtrans.c => Common data transformation functions
pngwio.c => Lowest-level write I/O functions
pngwrite.c => High-level write functions
pngwtran.c => Write data transformations
pngwutil.c => Write utility functions
contrib => Contributions
gregbook => source code for PNG reading and writing, from Greg Roelofs' "PNG: The Definitive Guide",O'Reilly, 1999
msvctest => Builds and runs pngtest using a MSVC workspace
pngminus => Simple pnm2png and png2pnm programs
pngsuite => Test images
visupng => Contains a MSVC workspace for VisualPng
projects => Contains project files and workspaces for building DLL
beos => Contains a Beos workspace for building libpng
c5builder => Contains a Borland workspace for building libpng and zlib
visualc6 => Contains a Microsoft Visual C++ (MSVC) workspace for building libpng and zlib
netware.txt => Contains instructions for downloading a set of project files for building libpng and zlib on Netware.
wince.txt => Contains instructions for downloading a Microsoft Visual C++ (Windows CD Toolkit) workspace for building libpng and zlib on WindowsCE
scripts => Directory containing scripts for building libpng:
descrip.mms => VMS makefile for MMS or MMK
makefile.std => Generic UNIX makefile (cc, creates static libpng.a)
makefile.elf => Linux/ELF makefile symbol versioning, gcc, creates libpng12.so.0.1.2.8)
makefile.linux => Linux/ELF makefile (gcc, creates libpng12.so.0.1.2.8)
makefile.gcmmx => Linux/ELF makefile (gcc, creates libpng12.so.0.1.2.8, uses assembler code tuned for Intel MMX platform)
makefile.gcc => Generic makefile (gcc, creates static libpng.a)
makefile.knr => Archaic UNIX Makefile that converts files with ansi2knr (Requires ansi2knr.c from ftp://ftp.cs.wisc.edu/ghost)
makefile.aix => AIX makefile
makefile.cygwin => Cygwin/gcc makefile
makefile.darwin => Darwin makefile
makefile.dec => DEC Alpha UNIX makefile
makefile.freebsd => FreeBSD makefile
makefile.hpgcc => HPUX makefile using gcc
makefile.hpux => HPUX (10.20 and 11.00) makefile
makefile.hp64 => HPUX (10.20 and 11.00) makefile, 64 bit
makefile.ibmc => IBM C/C++ version 3.x for Win32 and OS/2 (static)
makefile.intel => Intel C/C++ version 4.0 and later
libpng.icc => Project file, IBM VisualAge/C++ 4.0 or later
makefile.netbsd => NetBSD/cc makefile, PNGGCCRD, makes libpng.so.
makefile.ne12bsd => NetBSD/cc makefile, PNGGCCRD, makes libpng12.so
makefile.openbsd => OpenBSD makefile
makefile.sgi => Silicon Graphics IRIX (cc, creates static lib)
makefile.sggcc => Silicon Graphics
(gcc, creates libpng12.so.0.1.2.8)
makefile.sunos => Sun makefile
makefile.solaris => Solaris 2.X makefile
(gcc, creates libpng12.so.0.1.2.8)
makefile.so9 => Solaris 9 makefile
(gcc, creates libpng12.so.0.1.2.8)
makefile.32sunu => Sun Ultra 32-bit makefile
makefile.64sunu => Sun Ultra 64-bit makefile
makefile.sco => For SCO OSr5 ELF and Unixware 7 with Native cc
makefile.mips => MIPS makefile
makefile.acorn => Acorn makefile
makefile.amiga => Amiga makefile
smakefile.ppc => AMIGA smakefile for SAS C V6.58/7.00 PPC compiler (Requires SCOPTIONS, copied from scripts/SCOPTIONS.ppc)
makefile.atari => Atari makefile
makefile.beos => BEOS makefile for X86
makefile.bor => Borland makefile (uses bcc)
makefile.bc32 => 32-bit Borland C++ (all modules compiled in C mode)
makefile.tc3 => Turbo C 3.0 makefile
makefile.dj2 => DJGPP 2 makefile
makefile.msc => Microsoft C makefile
makefile.vcawin32 => makefile for Microsoft Visual C++ 5.0 and later (uses assembler code tuned for Intel MMX platform)
makefile.vcwin32 => makefile for Microsoft Visual C++ 4.0 and later (does not use assembler code)
makefile.os2 => OS/2 Makefile (gcc and emx, requires pngos2.def)
pngos2.def => OS/2 module definition file used by makefile.os2
makefile.watcom => Watcom 10a+ Makefile, 32-bit flat memory model
makevms.com => VMS build script
SCOPTIONS.ppc => Used with smakefile.ppc


グッドラック、そしてハッピー・コーディング。

-Glenn Randers-Pehrson (現行 管理者)
 インターネット: users.sourceforge.net 内 glennrp

-Andreas Eric Dilger (前 管理者、1996-1997)
 インターネット: enel.ucalgary.ca 内 adilger
 Web: http://www-mddsp.enel.ucalgary.ca/People/adilger/

-Guy Eric Schalnat (オリジナル著者及び元管理者, 1995-1996)
 (以前の Group 42, Inc)
 インターネット: infinet.com 内 gschal

Good luck, and happy coding.

-Glenn Randers-Pehrson (current maintainer)
 Internet: glennrp at users.sourceforge.net

-Andreas Eric Dilger (former maintainer, 1996-1997)
 Internet: adilger at enel.ucalgary.ca
 Web: http://www-mddsp.enel.ucalgary.ca/People/adilger/

-Guy Eric Schalnat (original author and former maintainer, 1995-1996)
 (formerly of Group 42, Inc)
 Internet: gschal at infinet.com





戻る